心理カウンセラーの資格を持つ、hinataの日記。心理学のこと、日々思ったことなどを気ままに更新中。
毎日”ポコアポコ”(少しずつ)成長し、素敵な女性を目指していきたいな、と思っています。
本家サイトはこちら→ひなたぼっこしましょ。

« 9月もいろんなところに行き、いろんなことをしました | HOME | 【締め切りました】「光の言葉セラピー」無料モニター募集のお知らせ(その2) »

HOME > 私のこころのお話 > お勉強のお話 > 光の言葉セラピー > 【締め切りました】「光の言葉セラピー」無料モニター募集のお知らせ(その1)

【締め切りました】「光の言葉セラピー」無料モニター募集のお知らせ(その1)(2012/10/07)

私は現在、「光の言葉セラピー」を勉強しています。
そこでこのセラピーのモニターをしてくださる方を、期間限定で募集いたします。

このセラピーについて詳しくご説明したいので、
2回に分けて記事を書きます。
モニターにご興味を持ってくださった方は、両方お読みくださいますよう
お願いいたします。

(その1)
・「光の言葉セラピー」とは?
・セラピーの特徴
・セラピーに出会ったきっかけ

* * * * * *

【「光の言葉セラピー」とは?】

「八ヶ岳セラピールーム」および「セラピールーム海の音」主宰の
淡路紀世子先生が考案されたセラピーです。
淡路先生のホームページ 

淡路先生は現在、沖縄県那覇市にお住まいです。
対面、スカイプ、メールでの個人セラピー、養成講座などを
幅広く行っていらっしゃいます。

私は今年夏にスカイプで、淡路先生から「光の言葉セラピー」を受けました。
さらに先月は、「光の言葉セラピー ヒーラー養成講座基礎編」をスカイプで受講しました。

光の言葉セラピーを一言で表現するならば、このような感じです。

「自分が今抱えている“不都合なエネルギー”(「いやな気持ち」「悩み」など)を
見つけ、自らが持っているヒーリングエネルギーを使って取り除くワーク」


【セラピーの特徴】

「不都合なエネルギー」「ヒーリング」などという言葉が出ると、
「スピリチュアルなもの?」と思う方もいらっしゃるかもしれません。

でも、実際に先生からセラピーを受けてみた私の率直な感想としては
「言葉遊びや連想ゲームのようなものをしているうちに、
自分の内面がクリアになった」
という感じです。

セラピーでは、カードなどの道具は使いません。
一対一のおしゃべりで行います。
クライアントさんは、気持ちが動くままおしゃべりしていただくだけです。

おしゃべりだけで進めるので、言葉が理解できる年齢からできます。
なのでこのセラピーを学んだお母さんが、ご自分のお子さんをヒーリングする
ことも多いそうです。

またお医者さんや看護師さんなど、医療に関わるお仕事をされている方が
このセラピーを学びにくることも多い、と淡路先生から伺いました。
病気やけがにはもちろん治療が必要ですが、それと同時に心のケアをすることも
大切だから・・ということだそうです。

このセラピーの大きな特徴は、
「不都合なエネルギーを見つけるのも、取り除くのも、
そして心の傷を癒すのも、自分自身」
ということです。

セラピストの役割は、クライアントさんがよりよく生きられるようなお手伝いをすることです。
セラピストがクライアントより立場が上だとか偉いとかは、いっさいありません。
「自分を癒す力は、自分の中にある」というのが、このセラピーの大きなテーマです。


【セラピーに出会ったきっかけ】

もともとのきっかけは、ネットです。
昨年いろいろなセラピーについて調べていたところ、このセラピーを知りました。
「おもしろそう」と思いましたが、当時はそれ以上調べることはありませんでした。

そして時は流れ、今年の初夏。
ある出来事がきっかけでふと、光の言葉セラピーのことを思い出しました。

数年前から学んでいる心理学のおかげで、私は壁にぶつかった時も
「今、自分はどうしてこんな気持ちなんだろう?」
と、冷静に分析できます。

とはいえ、思ってもみなかったことが起こったとき、
どうしても自分を見失ってしまうことがあります。
自分でも認めたくないほどの、もやもやした、何とも言い難いあのいやな気持ち。
それを自ら見極め、取り除く方法を知りたいな・・と思いました。

* * *

光の言葉セラピー創始者の淡路先生は、このようなことをおっしゃっています。

「いやな気持ちは、自分自身が作ったもの。
自分自身で作ったものなのだから、自分でこわすこともできます」

自分の悩みは、自分でこわすことができる。
誰かにこわしてもらうのではなく、自分自身で。

「それってすごい!私も自分でこわしたい!」
と、思いました。

そこでまず、淡路先生のご著書
光のことば マイヒーリングワークブック
を買って読み、セラピーの基本を学びました。

そして淡路先生にメールで連絡をとり、
スカイプでの個人セラピーを受けるに至ったのでした。

自分自身の悩みを自分で見つけ、手放す方法を考え、実践する。
そして悩みによって傷ついた箇所を、自ら癒す。

今まで知っていたようで知らなかった、不思議な感覚でした。
セラピーの後、私はすっきりした気持ちとともに
「どうしたらいいかは、自分自身がいちばんよくわかっているんだ」
ということを実感していました。

セラピーを受けた直後、すぐに養成講座の受講を決めました。
来年からカウンセラーとして本格的に動くためには、このセラピーが必要だと
確信したからです。

(その2へつづきます)

ランキングにほんブログ村 30代の生き方に参加しています

スポンサーリンク

« 9月もいろんなところに行き、いろんなことをしました | HOME | 【締め切りました】「光の言葉セラピー」無料モニター募集のお知らせ(その2) »

私の別サイト&ブログです
ひなたぼっこしましょ。(節約&お弁当のサイト)
お肉を使わず作る、夫のお弁当

このページの上へ | このブログのHOMEへ

【管理人hinataの、他サイト&ブログ】
ひなたぼっこしましょ。 | お肉を使わずつくる、夫のお弁当 | hinataの、一人暮らしにっき。 | hinataのお弁当&週末おうちごはん | 一人暮らししましょ。
Copyright (C)2012 hinata, All rights reserved.